2017/05/15

季節はどんどん進みます。

季節は夏に向かっていますが、まだまだ夜はストーブを焚きたくなることもあります。今年の春は暖かかったり、涼しかったりの変化の多い日々です。今朝、カッコウの初鳴きを聞きました。以前の記録を見ると、やはり5月13日から15日頃にかけて毎年カッコウがやってきているのでした。そうするともうすぐホトトギスも来るでしょうし、赤ショービンの鳴く声も今月中には聞こえるでしょう。季節の進みは人間に感覚よりずっと早いのです。 しばらくブログを書かなかったので、だいぶ前のことになりますが、ブナの芽吹きがゆっくりと始まり、本格的な春がやってきました。
雪が融けるしりから,蕗の薹が顔を出します。私は出たばかりの蕗の薹がまだ黄色いうちに摘んできて、蕗の薹の佃煮や、くるみ味噌和えを作ります。塩と少しの重曹を入れたお湯で茹でて、しばらく水に浸けて灰汁を抜き、絞って刻んで,コトコト煮るのが佃煮で、胡桃を茹でて竹串で皮を剝き、摺ってからみりん、砂糖、味噌を入れて良くすり混ぜ、茹でて刻んだ蕗の薹を和えます。ほろ苦い味の佃煮、コクのある胡桃味噌和え、どちらも独特の春の味です。
毎年何という「カエデ」だろうかと不思議に思っていたのが、どうやら『赤イタヤカエデ」だということがわかりました。樹木の図鑑で見つからなかったのですが、インターネットで調べたらやっと分かりました。芽吹きの色が赤くてとても綺麗な『カエデ』なのです。10日もするとだんだん葉の色が緑色に変わっていきます。劇的にではなく、ゆっくりとです。夫が実物を木の下まで行って拾ってきてくれました。
これは「匂いコブシ」とも言う『タムシバ』です。家の周りのあちこちに、陽当たりの良いところから順番に咲きます。近づいて香りを嗅ぐとほんのり芳香がします。上品な香りです。

2017/04/29

ホオジロやらレタスやら

ホオジロも恋の季節です。その前にまず腹ごしらえでしょうか?雪が融けた地面で去年の草の実を必死に啄んでいます。気に入ると何十分も同じところでせっせと突いているのです。オスは頬の黒い筋がくっきりしています。メスの方は少し茶色っぽく全体に薄い色です。
去年の秋の終わりにミックスレタスの種を蒔きましたが、芽が出たすぐ後に冬が来て、小さめの苗のまま、薪置き場の片隅において4ヶ月立ち、何となく伸びたがっている感じになってきたので、外に出しました。最初はお日さまをまぶしがっているようでしたが、だんだん元気になって来たので、真ん中の混み合っているところの葉っぱを摘んで、綺麗に洗い、水に浸けてピンとしたところで、白菜の葉先と一緒にサラダにしました。柔らかくて、新鮮でとても美味しかったです。
4月6日から20日まで滞在した塾生のTさん、お帰りの前日のお昼ご飯はピッツアにしました。『美味しい』とすごく喜んでくれました。トマトソースも急ごしらえでしたが、カゴメの基本のトマトソースと冷凍しておいた生トマトを足して、美味しくできて,あー、良かった!

2017/04/26

春爛漫

ホオジロの恋の季節です。もう二羽そろって、去年の草の実を啄みに家の前にやってきます。そんなに猫じゃらしなどの実が美味しいのかと不思議です。頬の黒い筋がはっきりしている方がオスで、茶色っぽいのがメスです。丸々太って可愛いです。
黄色のラッパ水仙の小型の方が一番に咲き始めました。
丁字桜です。下向きに咲きます。
クロモジの花が開きかけています。
これはハンノキの雌花です。実は小さいのに。花がこんなに大きく垂れ下がるとはびっくりです。

2017/04/16

やまどりやら、かわらひわやら。

3月31日のことだった。朝ご飯の時に、奥歯の一部が欠けたような気がして、取りだしてみると、歯の色をしたかけらがあった。これは大変と、すぐに歯科に予約を入れたらその日の午後に予約が取れた。運が良い!先生に診てもらうと歯が欠けたのではなく、以前詰めた物が取れたのだと分かって、胸を撫でおろした。 帰り道で、キジの雌が道の真ん中にいて、車を近づけても、クラクションを鳴らしてもどかない。それにしてものんびりした奴で、家に帰ってFacebookに載せたら、Tさんがやまどりの雌だと教えて下さった。私はずっとキジとやまどりは同じものだと思っていたので、納得がいった。からだ全体の羽根の色がとても綺麗だった。こんな珍しいものが見られて、翌日の私の誕生日のお祝いのような気がした。
4月の半ば、家の前の雪もだいぶ溶けてきて、小川が出来ている。そこへ、見たことのない小鳥が3羽やってきて、一羽が水浴びを始めた。他の鳥は、去年の残りの草の実を突っついている。図鑑で調べると、どうやらカワラヒワのようだ。羽ばたくと黄色の羽根が見えて、美しい。

2017/04/03

それでもやっと春が来た!!

昨年の山形ドキュメンタリー映画祭で上映された数々の映画の中で、小国町のT・Yさんとその仲間が、町の人にぜひ観てもらおうと選んだ映画『ふたりの桃源郷』の自主映画会を企画して催して下さったので、3月26日に早起きして朝食もそこそこにして、出かけた。寒さが続いて雪も舞う日が続いていたが、その日は曇り時々晴れの天気だったのは運が良かった。飯豊町を過ぎると荒川の渓谷沿いの道は、残雪がひときわ美しく、雪解け水を集めて流れる川の水はグリーンがかった水色で、左右に見える景色に助手席の私はしばしば歓声をあげていた。
心にしみる映画で、会場の旧「小玉川小・中学校』は感動に包まれた。山口県のローカル放送局が25年にわたって撮り続けたある老夫婦の晩年の記録映画だ。岩国市のはるか郊外の『美和町』の山の中の電気も水道もない土地を開墾して、理想の生活を送っていた夫婦にも老いが訪れる。3人の娘さん夫婦もできる限り協力して両親の思いに添うよう努める。最期まで諦めない強い意志の力。家族の理想のあり方が描かれていた。私たちもこんな山の中に住んでいるので、他人事には思えなかった。これからやってくる『老い』を真剣に見つめなければ、、、
この真っ白な山は飯豊山塊の一つ。小玉川ではこんな景色が身近に見られるのだ。夏まで残る残雪の山だ。 昼食は民宿『奥川入」でS・Fさんと一緒にいただきました。囲炉裏ならぬ『薪ストーブ』の上で煮えていたのは大鍋二つの水飴だった。餅米の蒸かした時に出る汁に「麦芽」を加えてしずかに長く煮詰めるのだそうだ。甘酒の甘さの元の餅米を水飴に使うのは初めて知った。2本のお箸でくるくる巻きながら食べた懐かしい水飴!思いがけず、帰りにおみやげに頂いて嬉しかった。次は小玉川のS・Fさんのお家に招待していただいて、じいちゃんのマタギ時代の熊狩りの話しなどを聴いた。私のもっていったおみやげはシナモンロール。すごく喜んで下さった。
玉庭の春一番の花は『マンサク』の花だ。4月1日に道の途中の雪の壁から枝が突き出て、黄色い細い花びらが春の訪れを知らせてくれた。