2017/09/20

夏は足早に去り、秋が来ました。

ことしの夏は雨ばかり降っていて、気が付いたら、秋風が吹き始めていました。寝苦しい夜も少なかった気がします。むしろ窓を開けて寝ると涼しい風が入ってきてどこか痛くなったり、具合が悪くなるので、しっかりと窓を閉めて寝ていました。もうこの頃は薄い羽毛布団かウールの毛布を被って寝ています。
これはだいぶ前のことですが、川崎市から来て合宿をしていた芸術村『あすなろ』の子どもたちの7月30日の青空演奏会の模様です。ラヴェルのボレロを立派に演奏してくれました。今年はフランスからコシュレル・空くんと、茜ちゃん、葵ちゃんの兄妹も来ていて、楽しく日本の夏を過ごしたことと思いました。 8月の10日から21日は東京から小学校の図工の先生のMさんが,玉庭ギター製作塾に来ました。彼はアコースティックギターのキットを購入しているのですが、一人で工具もないのに作る自信がないので、やってきたのです。夫はアコースティックギターは初めてですが、クラシックギターとそれほど大きな違いもないだろうと引き受けて、ちょっとは苦労もあったかも知れませんが、途中の工程が省かれているので、もくろんだ通りに10日間で完成しました。なかなか良い出来に仕上がり、Mさんは大喜びでした。Mさんは私の料理をことのほか気に入ってくれて、特に朝ご飯の『真っ赤で透明のマルメロのゼリージャム』と夜ご飯のうちの畑で採れた『赤紫のビーツのサラダ』がお気に入りでした。最後に出来上がったギターで自作の『ハンドメイド』と題した歌を弾きながら歌ったくれたのですが、その歌にも「宝石のようなマルメロのジャム」と「ビーツのサラダ」が出てきました。
これがそのビーツです。
こちらは畑で採れた『スクナかぼちゃ』です。とても大きいのが4本採れました。1キロから2,5キロのまでさまざまです。味も今までで一番おいしかったです。油かすと発酵鶏糞の肥料が良く効いたものと思われます。やっぱり肥料は大事なんだなあ。
お盆休みの終わりに仙台から長男夫婦と三男のSちゃんが遊びに来ました。数年ぶりの訪問でしたから私たちにはとても嬉しい出来事でした。ただ、長女のyちゃんは学校へ行く日になり、長男のKちゃんは夏休みの宿題がたくさんあって、終わらせなくては気が済まないので勉強を選んで、来ませんでした。Sちゃんは一人で、パパを独占してドイツのゲームをしたり、外で薪割りをしたり、おまけにチェンソーまでじーじに頼んで少しだけやらせてもらって、大満足でした。Sちゃんは背が伸びる成長期になっていて、もうママを追い越してしまいました。 ママのSさんは全然歳を取らなくて、小顔で、数年前と変わらず綺麗でした。
この夏の終わりに、夫さんは冬に備えて、除雪機の点検整備を業者に出さずに自分でやりました。まったく大した人です。約2万円から3万円の節約になりました。部品を取り寄せて交換し、最後にオイルも購入して交換しました。そのあとでふるいオイルを布に染ませて燃やすことにしました。意外なことに明るいうちから始めた焚き火は,なかなか燃え尽きることなく、辺りははうす暗くなり始めてもまだ燃えていて、夫さんは火のそばについて番をしなければなりませんでした。やっと消えたのは数時間経った頃でした。その写真を次に載せます。

2017/08/10

夏野菜採れ採れの日々は続く

これはまだ序の口の夏野菜です。今はきゅーりや大玉トマトも採れて、特にきゅーりは食べきれないほどです。
ある日、アゲハチョウの幼虫が当帰の花についていました。当帰はセリ科なので、独特の香があり、揚羽蝶が好むのです。他にも山椒の木もあり、フェンネルにも付いたことがあったのですが、今回は当帰がお好みのようです。元気な幼虫を4匹は見付けました。不思議なことに蛹になる頃はどこかに隠れてしまいます。そうして数日後、ピカピカのアゲハ蝶がすごい勢いで飛び回っていました。キアゲハなのでしょうか?本当は飛んでいるところを撮りたかったのですが、じっとしてくれないので、撮れませんでした。やっと疲れて地面に下りてひと休みしているところをカメラに納めました。

2017/07/24

益田正洋ギターリサイタルの開催

7月23日は以前から決まっていた『益田正洋』さんのギターリサイタルの日でした。長崎市出身、ジュリアード音楽院に留学なさって、シャロン・イズビンと言うアメリカのギタリストの女傑の下で学んだ,数々の受賞歴を誇るギタリストです。日本を代表する若い男性ギタリスト5人の中に入る素晴らしい方です。 前日の夕方米沢に到着なさって、我が家でゆっくりくつろいでいただきました。ただ大変だったのはその数日前から続いていた猛暑と蒸し暑さでした。うちには冷房がないので、暑い空気はみな二階へと上りますから、扇風機をフル稼働させて部屋に溜まった暑い空気をかき回して部屋から出すしか方法がありません。深夜に近くなって、やっと少し気温が下がりました。益田さんはお話しが面白い方なので、12時までおしゃべりしました。 翌朝は曇り空でしたが、大雨は降らず、時々しとしとと雨が落ちた程度で、お客様の足下も濡れることはなかったので、ほっとしました。 午後2時からの開場時間が近づくにつれて、お客様が集まり始め、ほとんどの方が予約なさった前売り券ですが、当日券の数も少しずつ増えました。当日券は前売り券より高いので、沢山出ると売上が潤います。福島市、仙台市などからも来ていただいて、最終的には75人のお客様でした。 演奏はソルの「魔笛の主題による変奏曲」から始まり、ビラ・ロボスの『前奏曲を5曲』続けて弾き、マウロ・ジュリアーニの『大序曲」で一部は終わり、二部はバッハのリュート組曲第三番、エンリケ・グラナドスのスペイン組曲より第5番 アンダルーサ、第2番 オリエンタル、第9番 ロマンティカで終了し、アンコールは2曲、グラナドスの『ホタ』と、ソルの練習曲作品29ー5でした。クラシックギター曲の代表と言える曲ばかりで、本当に素晴らしい演奏でした。最初と最後の曲は小学生の時から弾いてきた曲だそうです。
センプレ全員と白鷹町のN・Tさんで益田さんを囲んで記念写真を撮り、ご苦労さまでしたと皆でお互いの労をねぎらいました。 その後は白鷹町のイタリアン「SIATTACA」で、美味しいイタリア料理を満喫して、7時に解散し、kさんが益田さんを赤湯駅までお送りしました。山形市のギタースクエアのIさんとWさんも打ち上げに参加してくださって、一緒に楽しい、美味しいひとときを過ごしました。センプレの会員以外の方も打ち上げに参加してくださると座が賑わって良いものです。
7月中頃のこと、山道の途中で、見かけたことのない白い花を見付けました。とても鮮やか白だったので、写真に撮ってFBに載せたら、植物、特に紫陽花に詳しい大学の後輩のSさんが、『イワガラミ』だと教えてくださいました。なるほど葉も花の付き方も紫陽花の仲間です。つる性で岩などにも絡まって伸びていくらしいのですが、生えていたその場所は地面に近く、これから伸びてそこら辺の木に絡まっていくかどうか観察する楽しみが増えました。一番初めの写真は「オカトラノオ」です。今年は道端に沢山咲き乱れていました。よく見ると小さな花が集まって房になっていて、可愛い花です。 うちのエゾアジサイがきれいなブルーの装飾花を付けていましたが、暑さのせいで、色褪せてしまいました。 7月11日、「カナカナカナカナ」とヒグラシの初鳴きを聞きました。もうすぐ梅雨が明けるぞ、夏が来るぞと知らせてくれているのです。そういえばカッコウはついこの間までいましたが、20日過ぎていなくなったようです。ホトトギスはまだいるようです。

2017/06/28

アカショウビンの雛の巣立ち

初夏から飛来して巣作りをしているアカショウビンですが、どうやら雛が無事に育って、巣立ちしたようです。いかにも幼い、色の淡いアカショウビンがたびたび飛んでくるようになりました。それも何度か我が家の前に積んである薪用の木材の上や、一度はデッキの床にも留まっていました。そういう時、たいてい一声二声大きな澄んだ鳴き声を出すので、「近くに来ている」と分かります。そっと窓辺により、カメラを持って探します。小さい鳥のようにそわそわせわしなく動くことはないので、見付けるとしばらくいてくれるので、観ている方はとてもワクワクします。
アカショウビンについて調べると、羽根の腰の部分は『青色』だと書いてあります。飛ぶ姿を真後ろから見れば分かるはずですが、そんなことはほとんど無理です。撮った写真をよく見たら、留まっている後ろ姿の羽根の真ん中の腰の部分にほんの少し青い羽根が見えていることに気付きました。赤茶色の全身にカワセミの特徴の青色の羽根があるなんて、面白いです。




6月15日に夫が窓から外を見て、「なんか変な動物がいる」と言いました。そいつがだんだん家の前の方に歩いてきたので、よく見たら「狐」なのですが、ずいぶん汚らしい毛並みで、ヨレヨレです。毛が抜けかかっているのか、皮膚病なのか、、、何と家の真ん前でうんちをして、ゆっくりと登っていきました。私は気持ち悪いので、すぐにそのうんちをスコップですくい、森の中へ捨てました。もちろんスコップは念入りに水で洗い流しました。狐が昼日中から歩いているなんて、初めてのことでした。

2017/06/20

第15回山形県ギター合奏フェスティバル

上の写真は文翔館本館です。 もう最初の開催から数えて15回目になる山形県ギター合奏フェスティバルが、6月10日(土曜日)に山形市の文翔館(旧県庁・県議会場)で行われました。雷注意報が発表されてはいましたが、お天気にもまずまず恵まれ、素敵なフェスティバルになりました。
こちらは旧県議会場の中の大広間で、今回のフェスティバルの会場です。外壁は赤煉瓦造りの建物で、大正5年に建てられたそうです。なかなか立派で、中も良く保存されています。最初の床材は英国から輸入されたリノリウムだったそうですが、現在のはフランス製だそうです。ハイヒールで歩くことは禁じられています。天井や柱や建具、建物の内側の壁、腰板などすべて立派で、当時の役人や職人たちの心意気に感心してしまいます。 センプレの演奏風景です。伊吹さん、中村さん、夫の浜崎、近野さん。小関さんの5人です。曲目は日本古謡から3曲・通りゃんせ。山寺の和尚さん、さくらさくら、ビゼーの『アルルの女』からメヌエット、日本の歌で『宵待草』です。
参加したのは「ギターアンサンブル・センプレ」の他には4団体、山形市の「ギター・スクエア」,寒河江市の「アリオン」、「アンダルーサ」、鶴岡市の藤島地区の「ギター・シンフォニア」の5団体です。一時は9団体も参加したことがありましたが、だんだん減ってきて、とても残念です。これは最後の全体合奏の様子です。曲目はベネズエラの音楽の『ピカピカ』とイギリス民謡『グリーンスリーブズ』でした。指揮は、『アリオン』の月岡さんが担当しました。 終わってからは全員出席して合奏連盟の総会を開き、来年の担当は寒河江市の『アリオン』と『アンダルーサ』と決まりました。